小淵沢・高原の初夏をいろどる花々 - フラワーコーディネーター森 由美子のホームページ

花ごよみ

 

Home新着情報小淵沢・高原の初夏をいろどる花々

小淵沢・高原の初夏をいろどる花々

                                                                                                                    

   

 八ヶ岳南麓の、標高ちょうど1000メートルの小淵沢高原に、ハーブを中心としたお店『フラワーカレンダー』を開店したのが昭和63年(1988年)です。その20周年を機に、店の二階にギャラリーをオープンしてから今年で7年目となりました。私の高原の仕事場も、はや27年目を迎えたことになります。

 

 小淵沢には、アカマツの林がいたるところに広がっています。道路に沿って整然とアカマツが林立している風景は、ここならではの美しく好ましい眺めですが、近年は老木化による倒木の危険性が増していることから、一帯の木々が次々に伐採されています。

 

 我が家の庭の松(アカマツとカラマツ)も、最初はやせっぽちの若木でしたが、この年月の間にひと抱えもある太い樹木になり、管理会社や近隣の方々のお勧めもあって、泣く泣く何本かの松を切ったのが一昨年のことでした。

  

eSum15 1 m

      初夏の『フラワーカレンダー』の前庭。ユキヤナギ、ヤマブキが終わり、ノイバラが咲きだしました(右手前)。
       

 松が枝葉を広げていた時には、庭の草花には十分な太陽が届かず、苔むした庭でした。それはそれなりに風情があり、日陰になりながらも命をつなぎ、優しい色合いで咲き続ける花々がいとおしく、大切に育ててまいりました。

 

 それが、頭上をおおっていた枝葉が取り払われ、風通しも良くなりお日様の恵みがふんだんに降りそそぐようになったとたんに、四半世紀にわたり地中で満を持していた植物のエネルギーが一気に噴き出してきました。

 

 古顔の花々が新たな成長を始める一方で、植えた覚えもない新顔たちが次々に登場して、自己主張を始めて、これまでとはまるで違った趣きの花園が出現しました。植物相が一変したことに驚いたり、あらたな感動をおぼえたりしたときから、これで3回目の初夏を迎えました。  

     

eSum15 2 m

 

 

ベランダのノイバラ

                                                          

 私は冬から春先にかけては東京で過ごしておりますが、都内のサクラの季節が終わり、バラのシーズンに入るゴールデンウィークの頃から、小淵沢へ足を運ぶことが増えてきます。

 

 東京・世田谷と山梨・小淵沢の高原とでは、植物の開花期がほぼ1ヵ月違います。4月末からの連休前後が小淵沢のサクラの季節ですが、『フラワーカレンダー』裏のヤマザクラの大樹を始め、フジザクラ、マキノザクラなど7種のサクラが、今年も見事な花の宴を見せてくれました。

  

eSum15 3 m

    コゴメ(小米)ウツギが咲きました。後ろの赤いツツジの葉や新緑の葉と相まって、美しい眺めとなりました。
     

 小淵沢の庭では、春にはスイセン、スミレ、スズラン、八ヶ岳イカリソウ、オダマキ、サクラソウ、クルマバソウ、アヤメ、ヒメカンゾウなどの草花が次々に咲きます。

 

 木々には、コウズ、マンサク、ミツマタ、ユキヤナギ、ヤマブキ、リンゴなどの花が開き、続いてズミ、トチ、ツツジ、オオデマリ、シャクナゲ、サラサドウダン、箱根ウツギ、コゴメウツギ、ヒメウツギ、バラなどが花の競演に加わり、高原の庭のにぎわいを増してきます。

 

 

eSum15 4 m

    庭先で摘んだバラ(アルバ)とコゴメウツギを斑入りギボシの葉でブーケにまとめてみたところです。

 

eSum15 5 m

   eSum15 6 m   こんなに可愛いサラサドウダンの花に会えるのも、初夏の庭の楽しみです。             

     

 私の庭は、あまり手を入れずに、自然の植物相を大事にしております。季節季節の花たちが、互いに自己主張をしながら健気に咲いている小さな庭です。よろしかったら、ぜひ一度お立ち寄りください。

 

 

 歌のことばにもありますように、花はひとつずつ違っていて「どれもみんなきれい」です。さまざまな花々に見入っているうちに、高原のこの季節に咲く花々でテーブルアレンジメントをまとめてみようと思い立ちました。

 

 

 

 

 涼しげなガラス器を選んでみました。まわりのフリルが花を支えますので、使い勝手のよい器です。中央に1/3カットのオアシスまたはケンザンを置きます。

 

 皆様もお手持ちの花器を使って工夫してみてください。                                                                           

 

eSum15 7 m

     

 

 

 世田谷の庭に咲くアジサイを、高原の山荘に持ってきました。

 

 ガラスの花器にざっくり活けこんで、テーブルアレンジメントのスタートです。                                                                                                          

  

eSum15 8 m

     

 

 

 小淵沢の高原(標高1000メートル)ではまだ固いアジサイの花々。対比のため、世田谷(標高75メートル)から運んできたアジサイを前に置いてみました。

                                                                                                                   

  

eSum15 9 m

     

 

 

 左右のアジサイを1本ずつ取り除きます。

                                                                                                            

  

eSum15 10 m

     

 

 

 アジサイのすき間に、高原の初咲きの花々を加えてみましょう。

 

 右側にバラ(アルバ)、左側にノイバラを挿し入れました。                                                                                                            

  

eSum15 11 m

     

 

 

 左右にニワフジを入れました。

                                                                                                                

  

eSum15 12 m

     

 

 

 レースフラワー(オルラヤ)を挿し入れ、まとまりと爽やかさを出しました。

 

 さらにトップに西洋マツムシソウを加えて、色の調和をはかり、より爽やかなイメージを演出してみました。                                                                                                            

  

eSum15 13 s

     

 

 

 

 もうひとつ、コーナー用のアレンジメントも作ってみました。ブルーの器にこちらもざっくりとまとめてみました。

 

 裏庭に自然のままに群生している優しいピンク色のムシトリナデシコを主役にして、バラを加え、コゴメウツギの枝花と斑入りギボウシをあしらって、窓辺の朝の光に映え、心なごませるアレンジメントに仕上がりました。                                                                                                                                    

  

eSum15 14 m